Loading Theme Images...

BWMSや SOxスクラバーの3Dエンジニアリング・サービス (3D-MDS)

このページでは、日本船舶表示の新しいサービス、3D-MDS(3D-Maritime Design Service)の特徴をご説明しています。

ついに発効したバラスト水管理条約

Stacks Image 5025

海洋環境への悪影響が指摘される、船舶による水生生物の移動を防止することを目的として、2004年に採択されたバラスト水管理条約。この国際条約は、30カ国の批准および合計船腹量が 35%を超えた日から12ヶ月後に発効すると定められていました。そして2016年9月8日、フィンランドの批准により、批准国数は52を数え、合計船腹量は世界の商船全体の 35.1441%に到達。2017年の9月8日に発効を迎えました。遠洋船はもちろん、日本航路船でもバラスト規制の対策をする必要があります。

既存船へのバラスト処理装置設置、どうしますか?

既存船にバラスト水処理装置を設置(レトロフィット)するのは簡単な作業ではありません。機器の選定、訪船調査、改造図面作成など、多くの関係者が関わる大きなプロジェクトになり、設置のコストは装置本体のコストに匹敵すると言われています。加えて搭載工事には船舶の運航スケジュールも考慮することが必要。船主へのコスト負担は極めて大きく、工事に先駆けたエンジニアリングのクオリティが問われることになります。

そして SOx スクラバー

Stacks Image 12294

さらにここに来て大きな課題となりつつあるのが、硫黄分による大気汚染防止です。MEPC70 の結果、SOx の 0.5% 規制が 2020年から実施されることが決定したため、規制適合燃料や代替燃料にシフトするか、排ガス浄化装置 SOx スクラバーの搭載を行うか、海運会社は選択を迫られています。 SOx スクラバーは安価なC重油をそのまま利用できるという大きな利点がありますが、一方、設置スペースの確保、レトロフィットのためのエンジニアリングという課題があります。

3D-MDS はエンジニアリングまで強力にサポート

3D-MDSは、写真およびレーザースキャナにより船内をスキャン。得られたリアルなデータをもとに3Dモデリングを行います。作業工程に応じ ① あらゆる位置から360度の表示が行えるパノラマVR、② 誤差±2mm という高精度の3D点群データ、③ 設計シミュレーションに活用できる 3Dモデリング現況図、そして④ バラスト水処理装置やSOx スクラバーなど設備設置の概略デザインを提供。ファンネル内や、エンジンルームなどを高精度にモデリングすることで、計測誤差や、図面と現況の乖離に悩まされることなく、装置搭載に先駆けた概略デザインや配管設計が可能になります。


LOADING

3D-MDS 導入のメリット

全船に適用されることが決まった SOx 規制。そして全世界で6万隻と言われる BWMS レトロフィット対象船。3D-MDS は、コストと時間を大幅に削減することで、造船所・メーカー・シップオーナーに貢献します。

また、海運業界に特化した企業ならではの、専門スタッフによるエンジニアリングを行いますので、特定のメーカーにとらわれず、最適なシステムのご提案や、指定設備への対応がワンストップで可能です。

シミュレーション自在
  • 現況再現 3Dデータとパノラマ写真VR
  • 装置搭載イメージを関係者間で共有
高精度で正確なデータ
  • 合成した点群3Dモデルの誤差は±2mm
  • あらゆる確度から詳細な検証が可能
ロス低減でコスト削減
  • 3D CADで設計工数・ドック経費を削減
  • 設計変更や部品追加などのロスを低減
スムーズでスピーディ
  • リードタイム短縮でスピード納品
  • 改造図面の作成もスムーズに

お問い合わせ

日本船舶表示株式会社は BWMS や SOx スクラバーのレトロフィット工事、3Dエンジニアリングに関する総合的な業務サービス(基本計画、3D計測、詳細設計、コンサルティング等)を提供しています。サービスの詳細につきましては 当社までお問い合わせ下さい。

3D-MDS専用 Eメールアドレスは以下となります: 3dmdsmail

パンフレットダウンロード

PDFファイルをダウンロードします

よろしければ、下のリンクをクリック/タップして下さい。