Loading Theme Images...

アグアマリンガード (AGUA-MG100)

海運業界待望の錆転換一液型エポキシ下塗処理剤、アグアマリンガードのご紹介です。

アグアマリンガードの三つの特長

アグアマリンガードは錆転換一液型エポキシ下塗処理剤。高い錆転換能力をもち、赤錆を黒錆(マグネタイト)に還元し安定化させることで、塗膜下における悪質錆の発生を強く防ぎます。

また速乾性も自慢。すばやく乾きますので、1時間後(20℃)には塗り重ねが可能です。扱いやすい一液型の処理剤で、素地調整は三種けれんで可能など、作業性にも優れています。

高い防錆能力
すばやく乾く
優れた作業性

右下の写真は、屋外暴露後のさびの断面を撮影したものです。アグアマリンガードは塗膜下の悪質錆が少なく、良質錆が増えて地鉄に密着しています。一方、一般の防錆剤では、塗膜下に新たに錆が発生し、積層の悪質錆が多くなっています。

Stacks Image 13171

他社性能比較

単膜比較試験

テストピース:SPCC錆板
試験内容:塩水噴霧連続480時間
試験層内:35℃ x 98%RH

Stacks Image 5851
複合膜比較試験

テストピース:SPCC錆板
上塗塗料:AGUA-HSERA(水性2液無機ハイブリッド塗料)
試験内容:塩水噴霧連続480時間
試験層内:35℃ x 98%RH

Stacks Image 5805

仕様・用途

製品性状
塗料系統
日本船舶投資促進株式会社
Japan Ship Investment Facilitation Co., Ltd.
塗料系統
錆転換一液型エポキシ下塗処理剤
クリアー
容量
4Kg缶、16Kg缶
引火点
4℃
発火点
240℃
用途

船舶(デッキ、配管、カーゴホールド、バラストタンク、トップサイドタンクなど)、港湾荷役施設、海洋構造物、FPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)、石油貯蔵タンク、フォークリフトなど

塗膜性能

塗装面、黒皮付圧延鋼板を屋外で発錆後ワイヤーブラッシング。SIS-05-5900 C St-3準拠の錆鋼板を使用)

試験項目
成績
試験条件
塗膜硬度
F
鉛筆強度 JIS-K-5600
密着性(ゴバン目)
100/100
2x2mmゴバン目100個切り込み後、スコッチテープで圧着し急性に剥離
密着性(衝撃)
合格
デュポン衝撃試験機 1/2インチ、50cmH、500gW
耐塩水噴霧
合格
5%塩水噴霧、500時間
耐湿性
合格
50℃ 98% 500時間
耐液体性
合格
飽和 Ca(OH)2 水溶液1ヶ月浸漬
  • ケレンは ISO C St2 後表面を St3 にて処理
  • 塗装後の乾燥時間、室内で7日間
  • 刷毛塗りで塗膜厚45±5μm(2回塗り)
  • ここに記載されているデータは、株式会社 AGUA JAPAN の試験法による測定値の代表例です。

標準塗装使用例・注意事項

標準塗装仕様例
工程
塗料(材料)・条件等
標準所要量 (g/㎡)
希釈割合 (%)
標準膜厚
塗装間隔
適用方法
ハケ、ローラーまたはスプレー。ハケを推奨
-
-
-
-
下地調整
浮き錆や旧塗膜をスクレーパーや ワイヤーブラシ(または可能であ れば電動工具)で取り除きます。 詳細は製品取扱説明書を参照して ください。
-
-
-
-
塗布1層目
16kg缶で約160-200㎡
80〜100
無希釈
10-13μm
1時間 (20℃)
塗布2層目
16kg缶で約160-200㎡
80〜100
無希釈
10-13μm
1時間 (20℃)
上塗り塗装
アクリル系またはエポキシ系塗料
塗料仕様による
同左
同左
同左
使用上の注意事項 (2017.4.26)
  • 元の容器のまま、常に栓をした状態で、安全な冷暗所に保存し、よく換気してください。
  • 5℃以下および40℃以上でのご使用は避けて下さい。
  • 作業にあたってはは別の容器にあけ、よくかきまぜて、中身を均一にしてからご使用下さい。
  • 開封後は必ず缶のフタを閉めて保管してください。缶のフタを開けたままにしておくと、製品に含有される成分が空気と反応して性能が劣化します。
  • 開封後はできるだけ早くご使用ください。
  • 刷毛、ローラーまたはスプレーを使用して塗ってください。刷毛塗りを推奨します。スプレーで塗装する場合は丁寧に厚塗りしてください。
  • 作業にあたっては、火気厳禁とします。着火のおそれがありますので、ハツリ作業など、火花が飛ぶ作業を近くで行わないようご注意ください。
  • 本製品は、比較的強い溶剤臭がします。塗装時には SDS の表記に従って、マスクなどの保護具を装着してください。
  • 閉所で作業する場合、十分な換気を行うようにしてください。
  • 旧塗膜の種類が塩化ゴム系・フッ素系の塗料の場合、リフティングを生じることがあります。詳細はお問い合わせ下さい。
  • 使用後に残った塗料は塗料缶に戻すと塗料性状が不安定となりますので、使い切って下さい。
  • SDS、製品ラベルや取扱説明書を必ずよく読んでから使用してください。

お問い合わせ

アグアマリンガードについての お問い合わせは弊社までどうぞ。

Stacks Image 6291